外壁リフォーム

外壁塗装工事

塗り替えはタイミング 壁の傷みは塗装面の防水が切れることから始まります。
早期に傷みを発見し、補修することをおすすめします。

外壁塗装工事

外壁塗装の劣化

チョーキング
  • チョーキング

    チョーキング現象とは、壁の塗装膜が劣化してきて塗膜の防水性が失われた状態になっている証拠です。

クラック シーリングの劣化 カビやコケ
  • クラック

    特に横ひびには注意が必要です。雨水などが溜まりやすくなり、壁の劣化を早める原因となってしまいます。

  • シーリングの劣化

    目地に隙間やひび割れはありませんか?固くなっていたり、ひび割れが起きるようであれば、これは劣化のサインです。

  • カビやコケ

    外壁にカビやコケは生えていませんか?防水性の低下に伴い微生物が繁殖し、カビやコケが生えてきます。
    放っておくと次第に建物外部はもちろんのこと建物内部へ広がっていきます。

浮き・膨れ
  • 浮き・膨れ

    浮きは見た目の問題だけではありません。雨水が浮いた部分から入ることによって、構造材に腐食などの影響を及ぼすことになります。外壁から水分が浸透し、ひどい場合はお家の土台部分まで腐食が進んでしまうこともあります。このような大規模リフォームが必要になる前に外装塗装は早めにされることをおすすめしています。

サイディング

サイディングも劣化します(ALC・窯業サイディング) サイディングは、構成する素材によって窯業系・金属系・樹脂系・木質系などに分類され、素材によって特性やメンテナンス性は異なりますが一般的に最も広く使用されているのが窯業系サイディングです。

窯業系サイディングの多くは、施工時より5〜7年で表面の防水性が劣化し始めます。
雨水等が染み込みやすくなると、亀裂や剥離が起こり、せっかくの優れた特性が活かせません。大規模なリフォームが必要になる前に、早めのメンテナンスが大切です。

チェックポイント

  • ・膨張・反り
  • ・目地が劣化
  • ・チョーキング現象
  • ・はく離・浮き・クラック

サイディング

サイディング

サイディングとは...

建物の外壁に貼るボード状の外壁材のこと。
工業製品のため品質が均一であることや、デザインの多様性、耐久性、防火性といった性能によるバリエーションの豊富さで一般的な戸建て住宅等に多く用いられています。

外壁塗材一覧

充実のラインアップで、お客様のご希望に沿う外壁リフォームをご提案いたします。

  • 「良い暮らしは良い住まいから」ショールームのご案内

カンタン見積もり依頼

リフォームのご相談はお気軽に新生ホームサービスへ。お見積もりは無料です!

リフォームに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お客様専用フリーダイヤル0120-443-610 受付時間9:00~21:00

page toppage top